Powered by Zen Cart :: The Art of E-Commerce
La Bonne Aventure ラ・ボナヴァンチュール 〜 With me, With you, With us.〜
カートを見る マイページ

ゲストさん、いらっしゃいませ。

イエメン モカマタリコーヒー 粉 200g

1,620円

イエメンのモカマタリが、新たに登場しました。乾季と雨季があまりにも違う過酷な自然の恵みであるモカコーヒーは、あまりにも有名ですが、なかなか手に入らないために希少価値があります。 モカとは?Al Mukha、アル=ムハー)は、イエメン共和国の港町である。アラビア半島南西端にあり、紅海に面している。イエメン共和国の首都サナアの外港で、15世紀から17世紀にかけてコーヒー豆の積出港として栄えた。コーヒーノキの原産地は、エチオピアであるが、これを世界に広めたのはアラビア半島の商人達で、モカはコーヒー発祥の地とされている。17世紀にこの地を支配したオスマン帝国は、紅海を通行する船舶にモカでの納税を義務付けたという。現在、コーヒー豆集散地の機能は無く観光で成り立つ。モカコーヒー、あるいは単にモカ とは、イエメンの首都サナアの外港であるモカからかつてコーヒー豆が多く積み出されたことに由来する、コーヒー豆の収穫産地を指すブランドである。かつてモカの港からは、イエメン産のコーヒー豆の他、対岸のエチオピア産の豆も一緒に輸出されたため、両国産のコーヒー豆を合わせて「モカ」と呼んでいる。イエメン産とエチオピア産イエメン産のコーヒー豆は特にモカ・マタリ (Mokha Mattari) ともいい、イエメン北西部の高地産である。さわやかな香りと強い酸味のある味わいが特徴で、かつて「コーヒールンバに唄われていたためか、日本でも人気が高い。「No.9」というのが、欠点豆の混入が比較的少ない等級であるが、ブラジルのNo.2抔と比べると数倍から十倍ほどの欠点豆があり、焙煎に際しては、入念なハンドピックが必要である。モカコーヒーは、フルーティーな香りと強い酸味が特長で、比較的高価なモカ・マタリはストレートで飲まれることが多いのが特徴です。 希少価値のあるモカマタリをぜひ、あなたも味わってみませんか? お世話になった人への特別なプレゼントとしても、喜ばれます。
粉 200g
2017年3月15日までの賞味期限です。

売り切れ
  • モデル: joe pierre mokha
  • 重量: 0.025kg
  • 0 在庫量